2013年09月29日

印陶

漢は陶器に代わって飾って、依然として文字と刺青を印刷することをおさえることを使って、しかし秦に比べて代わって少なくなりました。紋様の種類の上で大部分がいくらの紋様、菱形文、ために形の紋様、うろこの紋様、三角形の物の紋様、アーチ形の紋様などに帰ります。溝の出土する陶器を燃やす中で井戸の柵の両側に鶴ハンコがいます。
印陶の文字の内容から見て、明示して陶の機関、産物地区、作者の姓名、用途の姓名、用途あるいは吉語などをつくることがいます。また画像の印陶などがあることを発見します。フォントは小篆の体系の漢の代がな篆書を読んで、外形が多くなるのが四角形で、体を結んで横平が現れてまっすぐな形を立てて、つまり同じような漢が印章に代わる中の繆の篆書。筋道と筆法の処理の上で、漢に比べて気の向くままに自然なことを印刷して、思うと稚拙な味1種の運動ポテンシャルがあって、しかしあるもの少し借りがあって熟していて、あるもの息を開ける比較的に濃い刀があります。漢は印鑑の発見に代わって、散ることは全国の各省・市に見えて、近い20、30年来は考古の発掘を通じて(通って)、陝西、河南、山東などを多いにします。現在内容によって述べて次の通りであること
に分けます:
(一)地名の印陶:これらは大部分が陶器を表明しているの生産してです。“馬の県市”、山西朔県の漢の墓で出土します。彼が物の》だけあって《7987年第6号f山西朔県のキの漢の墓が拓の筒の新聞“つぼみのあずまや”になってはいけないことを出して、清末山がziの出土する古陶の不完全な板を東に臨む中で文を押すこのがあります。その他例えば“陽城”、“陝西市”など。
(二)姓名の印陶はあるもの姓だけあって、あるものただ有名なだけ、ある地名と姓名はいっしょに相当します。“朱器”、“甘んじる”、“曹長孫”、“口の中で士の5もっと”、“侍医”、“蓉朝”などの印陶は(,も陶罐、陶の瓮の上の実印に出るのです。
(三)吉語印と陶吉語の印陶、大部分が漢の個人の印の中“吉語”のくぼみが陶器の上の反映を印刷するので、例えば“日の利千万”、“日の利”、“非常に縁起がいい”、“千秋の万世”など。“日の利”は曲がっているからみつく殳の篆書で、“日の利千万”は筆画の少しの“日”、“千”などの字の中で増加して筆画を飾って、きわめて奇抜です。
(四)画像の印陶、羅福のあご《古璽印の概論》の中で1鳥の形の画像印があって、イメージは質朴で、生き生きとしています。もう一つの陶が印刷して馬の図形印を飼う1“葉”の字のがあって、“葉”の字は陶工人の名字をつくるのです。
(五)正式な名前の印陶、アヒルは現してどの1種類の印の紋様のれんがに属して、印刷する肖像画、図案あるいは文字を現して、すべてとても質朴で生き生きとしていて、精致で美しいです。肖像画の内容、多彩です。これは墓のれんがの上で印章の芸術広範な運用の痕跡で、建築材料の上で印章の芸術応用の発展で、印章の芸術と歴史の研究のために重要な資料をも提供しました。
両漢の時代、厚い埋葬する風は盛んに行われます。その時の支配階級、生む時勝手に享楽にふけて、また生前生活の情景と所の崇信の愛慕するものを、すべて刻んで墓の壁で角印して、ねらったのが融通がきかなくなった後に生前の笑うことを継ぐことができます。印象のれんがと印文のれんがはそのため“事が死んでも事のようです生む”の観念は発生のに広く行き渡っています。それのもとは墓穴の壁面と入り口上の横木の母屋正面の柱の碑の過ちの上の装飾性芸術品を築くので、それから後の世まで伝わる者に出土するのが多くて、解放後の各地の基本建設の中で出土したのはかなり多いです。主に河南、N)のll各地に分布して、ここ数年来山東、安徽、江蘇、浙江などの省で発見もある。それらは共通の時代の特色があって、またそれぞれ地区の風格があります。河南の雄壮さは例えば、力強くて、生き生きとしていて、連続して判を押す方法はわりに多くて、人に1種の質朴で、楽で、生活の息を特に濃い感じをあげます。印文のれんがの上の文字、異なる地区のため、異なる特色もある。
posted by hihaode at 16:56| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

他の清朝役印

親王や親王世子用社印亦と宝が、サイズ略小。使用印類の行政部門は常設性行政機関、例えば6部各司、各布政使司、検察官司など、款识印文を二三種フォントサイズから併び、2寸1分三寸3分不等、厚さも違い、多くは銀や铜质、篆書の文字は小篆、柳葉篆書、垂針篆書などの部門に属して、使用关防は臨時的な機関と辦理の経済、工事などの事務機構など各省総督、巡撫、总兵、紡ぐ、银库など、材質と印文款识皆同じサイズが若干異なる場合だけ前の王朝、使用はんこ通販の機関で、多くは分立北西、東北各地のリーダー大臣、八旗佐襟や軍職式取扱田賦の小型機構は、その材料は铜质が、一寸7 . 2インチ7分、厚さ4 . 6分5厘不等、篆書の文字を垂体露、殳篆書など。
使用条記の行政部門をレベルの最低の機能の機関、例えば州県儒学、县丞、主簿、代官目、守備、文武や事務的な機関などは、その素材を銅、サイズ分長い2寸6、幅1寸6分と長い2寸4、幅1寸の三百種、篆書の文字を垂露、懸針篆書2種類。
使用判.印章の官吏は各省部の文官の職の佐雑、無兼管部隊田賦の軍職官吏、材質が木質、布から政司交際官匠時発。判. ハンコ作成に属しない正式役印、フォント、サイズは無カスタム。
清の時は、設置の公印礼部鋳造鋳制印刷局、その印文款识規格などは厳しく定められ、凡そ必要の公印を経て、関連部門の審査、再鋳造、でき上がる後、礼部器制司を納付する古い印授与。
良吏印に分布の印肉も詳しいカスタマイズなど、宗人府、6部、都察院、大理寺、翰林院、内務府、各省総督など、紫で、殘りの文武各部はすべて朱色、遇国丧期間を使って、靑い。そのほか、清廉な官吏がハンコの使用と収蔵は厳格な規定違反者を処罰する。
清帝玉璽の使用が厳格に盛大な儀式、皇帝は須て出かけ、宝随行;命を一、皇帝は授官印など、璽印で古くから伝信四方で記から清朝を増した謎の盛大な色彩。

posted by hihaode at 16:50| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

漢の画像の印


漢の画像印の中の動物の種類が多く、歩くの馬があるだけではなく、牛、羊、虎などもあり、飛ぶ小鳥や鶴や、魚、カメなど。それらの共通の特徴は、造型は正確で、要約洗练され、異なる動態と個性の実印はとても鮮明。例えば牙をむき出しの虎は、静かに見守った鹿、不器用で有力な熊、しなやかでジャンプの狡兎や、翼を広げて云天のツル、傲然と自得のスザク、軽く躍っのひばり、驕健まがった蒼竜、よたよたの玄武……それぞれを尽くす実態は、各極妙。これらの優れた芸術表現がない場合は、深くの実際の生活の体験、観察は、熟練の実写技巧、高くない选択の要約する能力に達し、そうなって、表情はつか并茂の境界。
画像印印刷面、普通ただ1センチ四方で、しかもほとんど翻鋳て、あるは浮き彫り凹範。そのシンプル故にまとめ、質素雄渾である。しかしあるが時間の遠くて、腐食すぎて、だから拓本にあいまい。ある会社印鑑凹所の起伏や精密の紋様、不能全拓を採用して、目地拓法、薄いレリーフ状とはっきり再現原物形態(例えば『故宮博物館の肖116形印选』、『上海博物館蔵印选勢で写真を撮ったり拓本部分)。
画像印で、もう一つは線刻を主な表現手段のはどんな陽文か、本文、そのライン道美流動。特に表現飛ぶ潜遊のしなやか印鑑通販により、程よい。この手法は後漢の後期から約。しかしその中に表現軽い弱すぎる繊細で、まだあまり熟しないで。
posted by hihaode at 17:50| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。