2013年12月13日

宗教印


宗教印、称賛して1社の印を放すもあって、あるいは魔をよける印のための。
前漢の初期、統治者は黄さんの学を提唱して、その影響のもとで、後漢の時道教は興って、俺様を献上するのは言う主なです。同時に仏教は中国に入って来ることを始めて、釈迦牟尼を仏教の祖にして、俗称は放して教えます。道教、仏教は000年余りIに広く伝わって、統治者の好き嫌いが進んで盛衰があることに従って、だから社を放して実印を称賛するあります。漢は広く伝わる“黄色の神の越章”に代わって、道家がつけたので、魔をよける災い、だからまた魔をよける印を語っています。
晋人の葛洪(西暦紀元284―363年)はあって《朴子を抱きますか?登って編》言うことに登ります:“古い人は山者に入って、全て佩黄の神の越章の印、其広の4寸、その字の1百20、封泥で居住した四方の各百歩を書いて、鬼畜の近いその中……もし山と川社の廟があるならば、血は凶悪な神を食べて、災いの福者を行うことができて、封泥を印刷して、その道を切って、神に回復しません。”今見るところの“黄色の神の越章”、4字のと9字のがあって、まだ会っていないで12字のがあります。その内容はあります。黄色の神の越章。黄色の神の印”、“黄色の神の使者の印章”、“上帝の上で帝制の万神章”、“黄色の神もっと 章の夫の帝の神の印”、“日の乙北極星の章。高皇の神の印。天帝の神者。“天帝が幽霊の印を殺す”、“天からの命令祭の印”など。
漢は画像印に代わります。漢が印鑑に代わるのは伝統の基礎の上の更に1歩進める発展で、画像の印章の史の上のピークとも言えます。
漢は画像印の題材に代わって、動物の紋様を主として戦国を受け継ぐ以外、あります:人物、劇のけもの、車は、神話、植物、いくらの紋様などに乗ります。その上面の写真付きの文章の結合、風格とボタン制を印刷する上に、同じくそれぞれ最も変化する最大の力。次にその振る舞いの内容について分けて述べました。
posted by hihaode at 17:06| Comment(0) | 印章 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。