2013年11月11日

文様璽


春秋戦国時代、純装飾文様が少ない。まれに見るのが何も見え方、当時の芸術家の能力を変形。例えばフックでさえ紋璽、組織が厳密、交錯よう対称で非対称面で、全体の印の充実。もう《文化財」l980年8期に入り「飲む」の字のレース玉璽、レースに居の四方しながら、「S」の形の連雲紋、細力、均等、ひらめき。四川で、20世紀50年代から出土した巴蜀符号印鑑でも、少し純装飾文様の印章。例えば亜ベル型紋、シンプルで、双钩成形する中の紋様は不明だが、外沿一圏は装飾文様と見えるの新構成の宽边、甚だ絶妙なラウンドがように、簡単に3本の線の構成のスポークも比較的簡练な。
posted by hihaode at 18:25| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。