2013年11月13日

印章の歴史



戦国古玺1。
古玺は戦国時代の印鑑の通称。今、私たちが見ることができるのは最初の印章の多くは戦国古玺。これらの文字古玺多く、今私達はまだ知らない。陽文古玺ほとんど宽边添え。印文筆画細くて例えばあたりから、鋳造。白文古璽ほとんどプラス边栏、または中間加縦界格、文字が鑿鋳造。官玺の印文の内容が「司馬」、「司徒」等の名称のほか、さまざまな不規則な形、内容は吉语と刻んで生き生きとした物の図案。
2 .秦印
秦印とは、戦国未期まで前漢初流行のhttp://www.rakuten.ne.jp/gold/cikk/と、使われている文字秦篆。その書体と秦漢量、秦石刻などごく近い文字、すべて比較的に戦国古文認識しやすい。秦印は本文鑿印、印面ではよくある「田」の字の格は、正方形で多く、低級职官使用のお墨付きの大きさ約一般正方役印の半分は、長方形、作「日」の字の、「半通印刷」。私印一般も喜作長方形のほかに、サークルの楕円の形で、内容除官名、氏名、吉语のほかに「敬こと」、「相したい」、「と」などの格言成語入印。
3 .漢役印
広義には漢魏晋時代からのお墨付きの総称。印文と秦篆より、整然として、接合体平滑方正、風格が雄渾典重。西漢末手工業は非常に発達しているので、新莽時代(?「新」を王莽の王朝名)の公印が絶妙な生き生きとし、漢代の激安印鑑販売専門店を芸術の頂点を極め、?、後世篆刻家の学習の模範。
漢のお墨付きで本文を多くの鋳造。少数民族は急用と兄弟に軍の公印鑿で鋳造、あと紹介。
4.漢私印
漢私印は漢代のプライベート捺印する、古印で最多、形式が最も豊富な類。な形だけでなく、朱白の準備が朱白ひとつに合わせて印、または加四灵などの絵を飾り、さらには多面印、套印(がた印)、実印激安など。印文は名前のほかに、よくに吉语出身、字や「の印」、「私印」、「手紙印」などの補助文字、ボタン制は極めて多様、充分に示した漢の職人の巧思。私は漢の印で本文を多く、前漢は鑿印を主として、後漢は鋳造が鑿。
posted by hihaode at 17:55| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。