2013年11月16日

印銅


1979年春、棗荘市齐村区喉が渇いて口公社刘庄東南半裏の川東岸墓の中で、社員を銅泡。通高l.2センチ、直径6 . 4センチメートル。表面飾りを浮き彫り龙纹巻き雲紋で、銅泡内の銘文三行八字:「十四年十一月師」、反書鋳造金銘。黄盛璋考証によると、銅の泡を斉銘銅制、泡で、記は具体的な年月と工師の名は、特に鋳造ロットの銅泡印刷のスタンプ。鋳造器はまだ凝固に印刷してから、あまりはっきり見える。この印刷本文、『弱める印鑑集林」と「陳簋斋手拓古印集」の中の拓本をとる、文体とは違うように並んで、ただ文字1正反。
posted by hihaode at 18:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。