2013年11月07日

韓国私璽


出土状況1。
1963年に山西長治の分水嶺戦国36号の墓から出土した文物の多くで、一つの小さな銅璽「中」、印刷面1 . 4×1 . 4センチ、高さl.6センチ、钮双よう母猿猿、を抱いて子猿状。長治市、戦国に「上党」、韓、趙、魏三国交錯の地、所属がうねり、当時は韩国邻に。この私の印鑑を韩国玺旧知。
1977年11月、考古学者は河南登封陽城の城壁の外戦国時代の鋳鉄遺跡で灰坑内、出土した4枚1:1に沿って印刷を「陽城」の陶量と陶量殘片。陽城、夏禹所は全部の城、『古本竹书紀年》の記載が夏禹居陽城」。旧跡は現在の河南登封告誠镇东開封県地域北部、当時所属韓国末期。
1956年に「文物考古資料』第3期載:鄭州のショッピングセンター遺跡出土の東北の隅の近くにある印陶「亳」、「亳丘」、「亳昃」など、「亳」は「亳丘と城の略称。邹衡『探索夏について文化の道』と文の中で今鄭州。戦国時代の所属韩地。「亳」は都市の地名、「昃」は制の陶工名。
「京昃」。甲骨文では「京」の字。「説文解字」:「京、人を絶高い丘からも、高い、高い形のよう。」康殷釈を「高台の宮、室——京都観のサイドビューで、まわりは、国の首都」。この激安印鑑の「京」は地名、「昃」を制の陶工名。
地名考証2。
例えば「陽城綽」、既知の前述「陽城」陶文、当時韓国の地名、河南登封告城で出土した印陶「陽城」の二文字は完全に一緻して、そこから推測するこの印章「陽城」の2字を地名。「綽」」の字は利用者の名。後は邑を氏となり、複
姓、例えば「陽城慶」、「陽城饨」、「陽城終わる」、「陽城漲」、「陽城高」、「陽城キン」、tc陽城まとう」、「陽城犬」など。
「少曲敢」で「少ない曲」の2字作合文、復姓。漢印に「少ない状況印」、「曲が右から曲」。少ない曲本は地名、云楚秦简『編手祀」「(昭王)42年改少ない曲。」整理グループ注:「少ない曲、韩地、今河南済源東北少ない水カーブ」、夏姓が少ない曲、お前は邑を氏。f吴振武『f古玺丈編夜ホウ素油刊本)
文字の特徴3。
「千秋”の中の「秋」と、鄭州I古のショッピングセンターで出土した陶器ビード(官玺)銘「亳丘、中の丘は、極めて一緻、字は、「秋」と「丘」に近くて通借字音、考証と解釈。また、吉语玺「千丘(秋)が昌生、など、璽許可証。その知は鄭韓時物、これで分かるように大量の「丘」の文字と単語璽「口丘やせ』などにも属韩私玺。
既知の韓国官玺如「汝阳市」の中の「市」の字の特色、激安印鑑販売専門店』、tc宋市、錫圭「戦国文字の中の「市」の諺、など。上記私璽若い頃を陈簋斋ら収蔵、後が流れ込んで、現収蔵京都市大穀大学。惨事を見ない童蔵古玺印选別彰
「参B(参加)小(禺)蒼(倉庫)」、「参禺邑』部、説明は地名専用ワード。「蒼」すなわちcc倉稟の倉、例えば、「草」の頭は、韓国の文字の特色。は地名代は、これを韩玺旧知。同じ地名も見えて「参禺けちな告白、。
posted by hihaode at 17:46| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年11月05日

ミラー型


1984年10月に江西省南豊県宋の墓から出土した銅鏡が、直径15センチ、鏡背左辺が鏡型翻鋳造した「夏人」の三字を楷書、これは制镜人氏名。
江西は相前後して出土宋镜300余りの件で、このうちについてわかりやすく、数十個の墓誌に.券など。生産地は饶州、しかも鋳が纪地铭と名字の商号銘、専門家は北宋の政治と年間校訂する。その鏡に裏印鑑銘文を成形、例えば「饶州葉家靑銅照子」、「饶州朝天門火曜日家銅精錬」など。
posted by hihaode at 17:19| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年11月02日

私は天地間――苏叔阳

私は1つの遊印、文曰:「天地の間に」は、靑年の家の作品赵远强印鑑を彫る。彼が仏、時を経て時、いくつかの石版に刻まれ彫る仏像の細部、そして組み合わせ枚完全の仏像、風格が。彼はまだ書き上げ1件の最大の石刻の印鑑テレビで報告していた。彼は私には彼が有名になって前に印鑑を彫る。覚えているのは約1つの夏の夜、彼はいくつかの作品の写真を持って来て私の小屋。私には分からない金石印鑑を彫るが、彼の作品の古風で質樸で、力強くて、私は好きです。彼の精神に苦学私を感動させて、そこで私は失礼を顧みず、書いた文章は作品紹介。彼は私に刻まれた激安印鑑販売専門店。どうして「天地の間」とは?深い意味はない存在だが、気持ちの表現だと思い。天地の間に、万物が繁殖し、誰もが支配するべきではない、誰でも返事がないいじめ誰;寄り添う相で、互いに縁。人は偉大で、もし万物を離れて、人も帰をまぼろし。だから、その何人と草木に上下。吾は天地の間万物の一つに寄りかかって、天を仰いで、万物に頼、普通一分子も。これはある意味。とは、天地の間に一分子、平凡の極、しかし努力すればできることが补天で埋め、天地の恵みへの理解をして、有益な激安印鑑のこと。要は自分かどうかを食べるかどうかと苦しみ、下に力を入れ、着実な仕事をして、もしこのようにしてはどんなに成績の大きさに負けないで、総天地の間の営み。これは自励の意味。「天地の間」は実は地球人の意識、宇宙は無上の下で無サイズ無遠近無長短無天地……私たちはよく走って宇宙へと宇宙の想像は、すばらしい生活は、地球上のすべての星にあまねく済度。実際には、地球上のことで管がよくなくて、人類の今日のはんこ通販を管理する宇宙非宇宙も乱ぼうぼうできない。人はまず自分は管。自分で「天地の間」とは、自分に注意して、別のことばかり考えて「人気の宇宙」は、まず自分の同類に生きて潤い時が肝心。以上によると、は遊印からしだいに生出しの解釈には、自分のために丸い帳簿。当初はありませんし、これらの考え方は、ただただ「天地の間」といっても立派で、脅す他人のタイヤと自分を励まして、それだけ。まさかそれが重い病気になって、もう少し別世界へ。生きていたら、この実印激安、少しは実感して。それは:天地の間がすべてが腐朽し、ただ誠実の情が長く続く存在。私はこの印章をさすって時、胸にそんな感情、天地の間に、正気永、誠実不滅。私は永遠に保つ誠実、よりいっそう大切な命!
posted by hihaode at 17:38| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。